※危険! コロコロ便秘のリスク。原因と解消方法を解説

MENU

※危険! コロコロ便秘のリスク。原因と解消方法を解説

 

 

黒くて硬いコロコロ便。

 

うさぎのウンチに似ていることから、医学的には「兎糞(とふん)」と呼ばれています。実はコロコロ便、立派な便秘症状としてカウントされていたってご存知でしたか?

 

健康なお通じであるバナナ便の水分量は70〜80%で、黄土色をしています。比べてコロコロ便は、水分量が60%未満とやや少な目。

 

「毎日お通じアリ」

 

と言っても、出てくるのがコロコロ便だと危険な香りプンプンです。コロコロ便が出てくる原因と解消法を、順番にご説明します。

 

コロコロ便が出てくる原因

 

 

 

コロコロ便の原因として、大腸で起きた2つのトラブルがあります。

 

水分不足

 

 

 

コロコロ便の水分量がバナナ便に比べて少ないように、便を作る「大腸」の水分不足がコロコロ便を生み出します。十分な水分が便に含まれていないと、大腸内の移動がスムーズでなくなり、排泄に時間がかかります。

 

のほほんと便が進んでいる間にも腸壁から水分が吸収され、肛門から出てくる頃にはカチコチに硬くなっているんです。

 

腸の動き:蠕動(ぜんどう)運動が悪い

 

 

 

水分の少なさに加え、腸の動きの悪さもコロコロ便の原因です。正常な動きを失って、便の移動が遅くなります。

 

女性に便秘持ちが多いのは、イキんでお腹に力を入れても、膣側に力が逃げてしまうことが一つの理由だとされます。

 

コロコロとした形の理由

 

なお、ウサギのような「コロコロ」とした形は大腸の出口「直腸」で作られます。直腸には、大きな横ヒダがあり、直腸での滞在時間が長いと何度も横ヒダでカットされて、コロコロ・ツブツブな便になるのです。

 

コロコロ便をバナナ便にしなくてはいけない理由

 

 

 

さて、コロコロ便が出来る過程が分かったところで、どうしてコロコロ便であることがそこまで危険視されなければいけないのでしょうか?

 

腸への滞在時間が長いことが問題

 

腸を進むスピードがゆっくりなのが、コロコロ便の全てと言えそうです。マイペース?のんびり屋さん?と言えば聞こえは良いですが、長い時間、便は腸に閉じ込められているわけです。

 

あなたのコロコロ便、4日前の食べ物かも

 

健康なバナナ便は、食べてから排出まで1日〜3日かかりますが、コロコロ便は4日以上!なんてことも珍しくありません。毎日出ても、これじゃあ喜んでいられませんよね。

 

コロコロ便の怖さ

 

コロコロ便のデメリットとしては、

 

  • 便が硬いので、排泄に痛みを伴う。腸壁や肛門を傷つけ、痔になる危険がある。
  • 便の腐敗で有害物質が発生し、毒素がたまってしまう。
  • 腸内環境が悪化して、過敏性腸症候群で下痢と便秘を繰り返す可能性がある。

 

“コロコロ便=便秘”なので、便秘が引き起こす諸症状が、そっくりそのまま起こります。頭痛、めまい、吐き気、肌トラブル、免疫力の低下も、便秘の定番症状ですよね。

 

大げさで疑ってしまうかもしれませんが、これがコロコロ便の現実です。バナナ便を出す努力をしなければいけないですね。

 

コロコロ便は水分をたくさん飲むだけでは解決しない

 

 

 

原因に「水分不足」を一番にお伝えしましたが、飲む水の量を増やしただけでは解消はできません。コロコロ便予備軍や直腸のコロコロ便には、水を加えられないからです。

 

逆に無理をして水分を飲むことで、内臓を冷やしてお腹を壊すことも考えられます。解消のためには、次にお伝えする「応急処置」をしたあと、日頃からできる快便術を実践してみてくださいね。

 

コロコロ便の応急処置

 

 

 

出荷待ち状態のコロコロ便には、下剤(便秘薬)の力を借りて応急処置をしましょう。下剤には、

 

  • 便に水分を含ませるタイプ【非刺激性下剤】
  • 腸の蠕動運動を活性化させるタイプ【刺激性下剤】

 

と2種類ありますが、コロコロ便には【非刺激性下剤】の下剤を用いて、カチコチになった便に水を含ませて、出しやすい便を作ってあげます。一般的なのは「酸化マグネシウム」ですね。

 

 

 

便に水を含ませる「浣腸」でも代用可能です。刺激性下剤でも解消できるものはありますが、効き目が強いぶん自発的な腸の動きが弱くなってしまうという副作用があります。

 

ただし非刺激性下剤も浣腸も薬なので、応急処置としてだけ使ってくださいね。

 

腸の動きを良くしてコロコロ便を半永久的に解消しよう

 

 

 

今後、コロコロ便および便秘に悩まなくて済むための方法をお伝えします。

 

水分不足は、水溶性食物繊維とタッグを組ませて

 

水分の多くは小腸で吸収されて尿として排泄されるので、どんなに多く飲んでも大腸までは届きませんが、賢く水を飲めば届けられます。

 

水分不足を解消する2つの約束事

 

この2つを心がければ、水分だけではできなかったことができるようになります。

 

  • 食べカスに水分を含ませるために、食事と一緒に水分を摂取する。
  • 水溶性食物繊維に水分を吸わせるために、水溶性食物繊維をたっぷり摂取する。

 

水溶性食物繊維は、水分を含んでゲル状になる食物繊維です。水を集めて柔らかい便を作ってくれます。海藻やオクラなどのネバネバした食品に多く含まれます。

 

反対に、水に溶けない「不溶性」の食物繊維(豆やイモ類)は、便のカサを増やして水分を取り去ってしまうので、コロコロ便体質だと逆に便秘が悪化してしまうこともあります。

 

必要な水分量は?

 

1日に摂取すべき水分量は、体重×0.04で割り出せます。例えば体重60kgだと2.4リットルになりますね。食事に含まれる水分1リットルを差し引き、1.4リットルが必要な水分量になります。

 

硬水がおすすめ

 

水について、もう少し詳しくお伝えしますと、お通じをスムーズにするには、「硬水」がおすすめです。硬水には、蠕動運動を活発にするカルシウムと、便を柔らかくするマグネシウム含まれているからです。

 

上質な油を摂取する

 

油と言えば、体へのダメージを心配される人も多いと思いますが、適量で良質な油は健康を害することなく、お通じ改善に役立ちます。油は、水分を保持して、便の乾燥を防ぎます。

 

便の保湿

 

スキンケアで保湿のために油分の多いクリームを塗ることがあると思いますが、それと同じです。ぬるっとした潤滑油になり便のスムーズな移動を叶えるので、コロコロ便になる暇を与えません。

 

コロコロ便にはオリーブオイル

 

おすすめは腸の働きを活性化させてくれるオリーブオイルです。1日スプーン1杯ほどを続けてみてください。

 

善玉菌を増やして腸内環境を整える

 

便秘であるコロコロ便が出ているのであれば、すでに腸内環境の悪さは深刻だと言えます。

 

悪玉菌が発生させる有害物質は、腸の蠕動運動を低下させるので、いくら水と食生活を意識ししても、敵わないこともしばしば。

 

そうならないためにも、腸の善玉菌を増やしておきたいですよね。増やすためには、善玉菌を送り込みましょう。

 

善玉菌たっぷりの食品は、漬け物・ヨーグルトなどの発酵食品があります。手っ取り早く善玉菌を増やす方法としてオススメなのは、乳酸菌サプリメントです。

 

生きたままの菌を、ギュッとサプリメントに凝縮して腸まで届けます。善玉菌の大好物であるオリゴ糖も入ったサプリメント(森下仁丹のビフィーナS)もありますので、自分に合ったものを見つけてみましょう。

 

>>おすすめの乳酸菌サプリを見てみる

 

腹筋を鍛える

 

上記3つは、腸内環境を変えようと頑張る、いわば「内側からのアプローチ」です。「外側からもアプローチ」は、腹筋を鍛えることが有効です。腹筋を鍛えれば、腸を持ち上げる筋肉も鍛えられて、蠕動運動を活性化させることが出来ます。

 

ウォーキングも腹筋が鍛えられる

 

腹筋と言えば、寝そべって上半身起こしを繰り返すという大変な動作をイメージされると思いますが、実は歩くだけでも腹筋は鍛えられています。しっかり胸を張って、堂々とウォーキングを始めましょう。

 

ストレス解消

 

コロコロ便とストレスには、深い関わりがあります。蠕動運動の命令をしているのは脳から発せられる自律神経ですが、ストレスを感じると自律神経が乱れるので、当然腸にまで影響が出てきます。

 

正しい蠕動運動がなされるためには、自律神経の乱れない生活を送ることが大切です。具体的には、生活リズムを崩さない・睡眠時間を確保する、などがありますが、なんといっても一番はストレスでしょう。

 

プレッシャーのかかる行事や旅先で便秘になる人が多いのは、普段とは違う環境にストレスを受けてしまうためです。

 

ストレスを軽くする方法を見つけよう

 

ストレスは、腸内環境だけでなく全身の健康に害があるので、軽くすることが大切です。全くゼロにしてしまうことは難しいでしょうが、

 

  • 自分を責めがちな考え方を変えてみる。
  • リラックスできるお茶や香りを探してみる。
  • 信頼できる人との会話を楽しむ。
  • 読書をして空想の世界に行ってみる。

 

など、オーダーメイドのストレス解消術を今のうちから確立しておきましょう。腸の動きを止めるだけのストレスは、結構深刻ですよ。

 

まとめ

 

 

 

コロコロ便の原因は習慣の積み重ねであり、その習慣を一つ一つ取り除いていけば解消も大変ではなさそうですよね。

 

今まで快便だったのに、妊娠してからコロコロ便が出始めた!と言う方も多いようで、妊娠中のホルモンの影響と、出産への強い不安などが腸に伝わってしまったのでしょう。

 

乳酸菌サプリメントであれば副作用がありませんから、妊娠中でも安心してコロコロ便対策ができます。

 

大腸がんの症候の一つでもある「コロコロ便」。油断せずに解消への一歩を踏み出してくださいね。卒業しましょうコロコロ便、出しましょうバナナ便!

 

 

便通のもっとも効率的な改善方法


結局は乳酸菌サプリが効率も良くコスパ抜群です。

日々の食事メニューやヨーグルト、ヤクルトを毎日摂取することと比較してもコスパ、効果は乳酸菌サプリが圧倒。手軽で毎日続けやすいのもメリットの1つ。

>>オススメの乳酸菌サプリはこちら

 

関連ページ

黒い便は危険?どうやって改善すればいいの?
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。
硬い便で苦しい お通じをスムーズにするには
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。
便をすると粘液のようなものも排出される。これって危ない?
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。
理想の便の状態と目指す方法
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。