過敏性腸症候群の方には乳酸菌がおすすめ

MENU

過敏性腸症候群の方には乳酸菌がおすすめ

「今日は便秘」「今日は下痢だ」というような下痢と便秘を繰り返している人はいませんか?強く体にストレスを感じている時に起こりやすく、下痢と便秘を繰り返し、頭痛や腹痛、腹部の膨満感、発熱や耳鳴りなども起こる事があります。

 

さらに、痔核になる人も多く、便を出す時に痛みが出たり、肛門から出血したり、不快な症状は心にまで負担となり健康を脅かします。過敏性腸症候群と診断されたらどうしたらいいのかを解説いたします。

 

過敏性腸症候群(IBS)ってなに?

 

日本人の成人のうち10〜20%の人が、かかった経験をもつというこの病気は比較的年齢層が若い人に多いのが特徴です。原因はストレスの耐性ができておらず、環境や人間関係に左右される事が根底にあります。

 

下痢と便秘のどちらかがメインの人、下痢と便秘をくり返す人など、月に3日以上、腹痛や腹部の不快感があり、排便の状態や回数、便の様子などから過敏性腸症候群であるか判断されます。

 

「自分でこの症状にピッタリだ!」と思っても、自分で勝手に判断せずに、医師にきちんと見てもらいましょう。そこに、他の病気が隠れていて、検査で見つかる事もあり得ます。

 

過敏性腸症候群を改善する運動療法

 

ストレスが大きく関わるこの病気にとって、効果が高い改善策が、運動療法です。激しい運動や全身をマッサージしてもらうような事は避けた方が良いでしょう。体に負担をかけずにできる、ストレッチやウォーキングを行いましょう。生活に取り入れ、週に2〜3回継続していく事を目標にしましょう。

 

旅行をしたり、ゆっくり温泉に浸かるなど、気分転換をすることも有効です。

 

過敏性腸症候群を改善するためには乳酸菌がオススメ

 

私たちが幸せだと感じるとき、腸はセロトニンという物質を作ります。過敏性腸症候群はセロトニンをコントロールする薬で治療する事があります。ストレスでセロトニンが過剰に出すぎると腸は激しく動きすぎて下痢を引き起こします。セロトニンは多すぎてもいけないし、少なくてもいけないのです。

 

セロトニンの生成にも大きく関わるのが、腸内細菌です。過敏性腸症候群の人の腸は悪玉菌が多く、善玉菌を増やす必要があります。乳酸菌を体の入れて、腸内環境を整えましょう。

 

まとめ

 

仕事や私生活に影響してしまう過敏性腸症候群は医師の判断により、薬を使った治療で治しましょう。そして、これから再び同じ病気にならない為に、腸内細菌が安定するような食生活を心掛けましょう。そのためにも、乳酸菌を取り入れ、善玉菌が増えるように腸内環境を整えましょう。

 

 

便通のもっとも効率的な改善方法


結局は乳酸菌サプリが効率も良くコスパ抜群です。

日々の食事メニューやヨーグルト、ヤクルトを毎日摂取することと比較してもコスパ、効果は乳酸菌サプリが圧倒。手軽で毎日続けやすいのもメリットの1つ。

>>オススメの乳酸菌サプリはこちら

 

関連ページ

下痢が続く人は腸内をキレイにしてみよう
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。
腸の蠕動運動で下痢改善
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。
定期的に下痢をしてしまうのはなぜ?
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。
乳酸菌を摂ると下痢になる?それは摂取の仕方が間違っているから
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。