腸の蠕動運動で下痢改善

MENU

腸の蠕動運動で下痢改善

腸は脳から命令がなくても活動ができる臓器です。体を動かす時に使う筋肉などは脳から筋肉への命令で活動いています。しかし、腸の動きは腸管内神経と自律神経から作られ、「腸は第二の脳」と表現されています。下痢は腸の動きを正常に戻す必要があります。腸の動きを落ち着かせるために、乳酸菌と、自律神経のバランスを整える方法を見て行きましょう!

 

蠕動運動って何だろう?

 

蠕動運動とは食べ物が消化され、便として排出されるまで、腸を通って行く過程の事です。それは、自分の意志で動かすのではなく、自律神経で動かされているのです。自律神経は循環器、消化器、呼吸器などの動きを司り、体の活動に深く関わっている神経です。自律神経はストレスや環境の変化でバランスを崩しやすく、それは腸内環境にも影響します。

 

ストレスを体が感じると、交感神経と副交感神経の2つ成り立つ自律神経のバランスが乱れます。交感神経が刺激を受けた場合、胃酸の分泌が抑えられ、腸の蠕動運動は鈍くなります。腸は弱り、下痢と便秘を繰りかえす原因となってしまいます。

 

自律神経は胃に強く作用し、さらにその影響が腸に現れる事がわかりましたね。

 

下痢を改善する為にも、善玉菌を増やそう

 

善玉菌が多い腸は酸性となり、腸は刺激され、蠕動運動を起こします。一方、悪玉菌が多い腸はアルカリ性なので刺激がなく、蠕動運動も抑制され腸はとても弱った状態です。悪玉菌が増殖すると体に有害な物質を作りだし、弱った腸は無理に動かされてしまいます。よって、腸の蠕動活動が活発になりすぎると下痢を引き起こす事になるのです。

 

腸の蠕動運動を整えるために、悪玉菌を抑え、善玉菌を増やす事が何よりも大切だという事です。

 

市販薬を使う前に乳酸菌を取ろう

 

市販薬は現状を抑える事はできますが、その下痢を引き起こす原因を改善する事にはなりません。まず、市販薬を飲む前に、乳酸菌を取りましょう。

 

腸までしっかりと届く植物性乳酸菌は胃酸にも負けないとても強い乳酸菌です。乳酸菌が腸に届くと、善玉菌が増え、腸の蠕動運動を整えます。腸の中に善玉菌が増えるとセロトニンやドーパミンという、脳に幸せを感じさせる物質が増えます。するとストレスからくる緊張状態を緩和し、リラックスさせてくれるようになるのです。そうすると胃も腸の蠕動運動も整い、下痢も改善する事ができます。

 

まとめ

 

腸の蠕動運動が整うと、下痢は改善されます。植物性乳酸菌の力で体を整えてみましょう。体のストレス改善にもなり、体はスッキリと軽くなるはずですよ。

 

 

便通のもっとも効率的な改善方法


結局は乳酸菌サプリが効率も良くコスパ抜群です。

日々の食事メニューやヨーグルト、ヤクルトを毎日摂取することと比較してもコスパ、効果は乳酸菌サプリが圧倒。手軽で毎日続けやすいのもメリットの1つ。

>>オススメの乳酸菌サプリはこちら

 

関連ページ

下痢が続く人は腸内をキレイにしてみよう
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。
過敏性腸症候群の方には乳酸菌がおすすめ
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。
定期的に下痢をしてしまうのはなぜ?
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。
乳酸菌を摂ると下痢になる?それは摂取の仕方が間違っているから
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。