定期的に下痢をしてしまうのはなぜ?

MENU

定期的に下痢をしてしまうのはなぜ?

お腹がゴロゴロと怪しいとき「ドキッ」としますよね。慢性的な下痢は問題がありますが、定期的に下痢をするという事は、体の大切なプロセスです。体が、体の中にあるものを出してリセットするため、体を浄化していると考えましょう。下痢はすべて悪い事ではないことを見て行きましょう。

 

定期的に下痢が起こる原因とは?

 

人間の体はよく出来ていて、胃腸が「これは食べすぎだ」「体に負担となる物を食べた」と判断すると排出してくれます。下痢により体の負担をなる物質を排出しているのです。

 

定期的な下痢で毒素が出てしまうので、体はスッキリとします。これを、下痢をしたからと言って無理に止めてしまう事の方が問題です。体が排出しようとしている無駄な物を止めてしまう事になってしまうからです。定期的に表れる下痢の症状が頻繁になってしまうと、これは問題です。食生活の改善や、自分の生活習慣を振り返るきっかけだと思いましょう。

 

下痢が起きたらどうする?

 

風邪のウィルスから、下痢が起こる事もありますが、風邪で飲んだ薬の副作用の場合もあります。早食いや、アルコールの摂取量が多い時、ストレスなどから起こる消化不良、歯痛、すい臓の機能障害なんてこともあります。

 

まず、腸がきちんと栄養を吸収できるようにサポートしてあげる事が大切です。冷たい物は控えて、温かいスープやお茶などで水分補給をしましょう。温かい物が血行をよくし、胃酸の分泌を整え、腸の消化力を高める事が出来ます。体を休める事を重点におき、食欲がない場合は食事をとらなくても大丈夫です。食べ過ぎ、飲みすぎが原因で起こる下痢は、腸を無理に働かせない事が一番です。

 

下痢が治まったら乳酸菌を取ろう!

 

下痢が治まったら、腸まで届く植物性乳酸菌を体に入れる事がポイントです。下痢が起こるという事は、腸の善玉菌と悪玉菌のバランスが悪い事を示しています。植物性乳酸菌は悪玉菌が多い腸の中にもしっかりと届き、腸内環境を整えてくれます。「ラブレ」などの植物性乳酸菌を含んだヨーグルトや味噌やぬか漬けなどの食べ物を利用して、腸を整え、下痢にならないような腸を作りましょう。

 

まとめ

 

定期的に起こる下痢は、私たちに、腸の様子を教えてくれていると思いましょう。私たちの身の回りにはたくさんの誘惑に溢れています。「辛い物が食べたい」「たくさんアルコールがとりたい」そんな時もありますよね。下痢が起って慌てる前に、日頃から植物性乳酸菌を体に入れて、腸に乳酸菌を蓄えておいてはどうでしょう。乳酸菌貯金は体のお守りとなってくれるはずですよ。

 

 

便通のもっとも効率的な改善方法


結局は乳酸菌サプリが効率も良くコスパ抜群です。

日々の食事メニューやヨーグルト、ヤクルトを毎日摂取することと比較してもコスパ、効果は乳酸菌サプリが圧倒。手軽で毎日続けやすいのもメリットの1つ。

>>オススメの乳酸菌サプリはこちら

 

関連ページ

下痢が続く人は腸内をキレイにしてみよう
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。
過敏性腸症候群の方には乳酸菌がおすすめ
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。
腸の蠕動運動で下痢改善
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。
乳酸菌を摂ると下痢になる?それは摂取の仕方が間違っているから
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。