乳酸菌を摂ると下痢になる?それは摂取の仕方が間違っているから

MENU

乳酸菌を摂ると下痢になる?それは摂取の仕方が間違っているから

「牛乳を飲むとお腹が痛くなる」「牛乳を飲むと下痢するから不安」という人は乳糖不耐症かもしれません。腸乳酸菌を摂ると下痢をすると思っている人は、摂取の仕方や種類が問題で、乳酸菌を植物性乳酸菌に変えて見てはいかがでしょうか?植物性乳酸菌は多くのメリットがあり、病気に負けない体を手に入れる事ができます。正しい乳酸菌の選び方や摂取方法を見て行きましょう。

 

乳糖不耐症とは?

 

牛乳に含まれた乳糖は体の中でラクターゼと呼ばれる酵素により分解されます。母乳にも乳糖は含まれていますが、母乳を必要にしなくなると、ラクターゼの分泌が減ってしまうのです。乳糖がラクターゼにより分解されないと、そのまま大腸に運ばれ、腸壁を刺激する事により下痢を引き起こします。

 

しかし、乳製品を取り続けると乳糖分解酵素の分泌が多くなり、乳酸菌が増えたおかげで下痢しないようになるという仮説もあるそうです。小学生の給食には毎日牛乳がついてきますが、牛乳アレルギーの人以外は飲む事になります。頻繁に下痢をする子どもが多くいれば、給食の牛乳もなくなるはずですよね。
そのため、牛乳を飲まなくなった大人が、「牛乳を飲むと下痢をする」と訴えているのかもしれません。

 

牛乳やグルトで下痢をする理由

 

子どもが毎日給食で飲んでいる牛乳や、チューブタイプで食べやすい「グルト」で下痢をしてしまう人は、乳糖不耐症の可能性があります。ヨーグルトは乳糖が分解されているので、下痢になりにくいはずですが、やはり完全ではないようです。ヨーグルトを食べるたびに下痢をしてしまう場合は、摂取量に注意し、食後などの胃腸の負担にならないタイミングで摂取していきましょう。

 

乳糖不耐症の人でも安心できる植物性乳酸菌

 

植物性乳酸菌では乳糖不耐症は起りません。牛乳や、多くのヨーグルトに含まれる動物性乳酸菌は、胃酸で死んでしまい、生きて腸に届く事はできません。さらに、乳糖が腸に届き、下痢を引き起こす事になります。日本人の多くは乳糖不耐症で、現代人の体は冷えやすく、腸の動きが悪いので、すぐに下痢や便秘などの不調を起こしてしまいがちです。

 

日本人は昔から納豆や味噌、醤油、などで植物性乳酸菌を体に入れています。乳製品がダメだと言う人でも、「ラブレ」や豆乳と植物性乳酸菌を使ったヨーグルトは安心して食べる事が可能ですよ。

 

まとめ

 

乳糖不耐症はアレルギーではないので、腸の免疫力とは関係がありません。乳製品を排除する事で改善します。しかし、乳酸菌は健康の為にも必要な物質です。植物性乳酸菌を利用して下痢などの不快な思いをせずに、健康になりましょう。

 

 

便通のもっとも効率的な改善方法


結局は乳酸菌サプリが効率も良くコスパ抜群です。

日々の食事メニューやヨーグルト、ヤクルトを毎日摂取することと比較してもコスパ、効果は乳酸菌サプリが圧倒。手軽で毎日続けやすいのもメリットの1つ。

>>オススメの乳酸菌サプリはこちら

 

関連ページ

下痢が続く人は腸内をキレイにしてみよう
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。
過敏性腸症候群の方には乳酸菌がおすすめ
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。
腸の蠕動運動で下痢改善
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。
定期的に下痢をしてしまうのはなぜ?
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。