便秘の原因は腸内細菌の割合にあった

MENU

腸内細菌と便秘について

「腸内細菌」という言葉を聞いたことはありますか?
腸の中には、何と1kgの腸内細菌がいるといわれています。

 

その中の菌は「良い菌」「悪い菌」「どちらでもない菌」の3種類に分類され、バランスを保つことで体のさまざまな機能をサポートしています。実は、つら〜い便秘は、そんな腸内細菌の割合と深い関係があるのです。

 

善玉菌を増やして日和見菌を味方に

発がんリスクの低下、免疫機能の向上、そして便秘予防効果もある“良い菌”は「善玉菌」、有害物質や有害ガスを発生させ、腸の動きを悪くさせる“悪い菌”は「悪玉菌」、そして、“善玉菌が優勢な時”と“悪玉菌が優勢な時”に「優勢な方に味方をする」性質を持っている“どちらでもない菌”は「日和見菌」と呼ばれます。ということは、腸の中の善玉菌を優勢にしておけば日和見菌が味方につき、腸内環境は良い状態になるのです。

 

また、腸内細菌の理想的な割合は具体的には“善玉菌:日和見菌:悪玉菌=2:7:1”と言われています。この腸内環境を保つことが便秘から脱出する秘訣なのです。

 

「下剤」だけでは便秘は治らない

しかし、腸内環境の改善って時間がかかって面倒くさそう……という人もいるかもしれません。

 

例えば、「とりあえず便を外に出すために下剤を飲んだりすればすぐ治るんじゃないの?」というのは根本的な便秘の解決になりません。一時的には効果があるかもしれませんが、下剤を常用していると下剤が起こす刺激に腸が慣れてしまい効かなくなってしまうため、下剤だけに頼るのはあまり良くないのです。

 

しかし、善玉菌を増やす「乳酸菌」「ビフィズス菌」には副作用はありません。反対に「乳酸菌はたくさん摂るほど効果的」と言われているため、ヨーグルトやサプリメント、飲料などを利用して美味しく継続して摂取するようにしたいですね。

 

年齢とともに腸内環境は悪くなる?

実はこの「善玉菌」、年齢とともに減ってしまうことが分かっています。

 

若いときはまったく気にしていなかったけれど、年齢を重ねてから便秘になってきた……という人は多いのではないでしょうか?

 

人間の腸内細菌は年齢によって変化するのです。
赤ちゃんは最初は無菌状態で、母乳を栄養源として腸内の善玉菌を増やしていきます。成人では腸内細菌の約20%が善玉菌に、高齢になると善玉菌が減り、悪玉菌が増えていくと言われています。

 

便秘症で年齢が気になる人は、積極的に「乳酸菌」「ビフィズス菌」などの善玉菌を摂っていかなければいけないのです。

 

 

いかがでしたか?便秘を治すためには「出す」だけでなく「腸内環境を整える」ことが大切です。「乳酸菌」や「ビフィズス菌」の製品を活用して便秘知らずの健康な腸内環境を作りたいですね。

 

 

便通のもっとも効率的な改善方法


結局は乳酸菌サプリが効率も良くコスパ抜群です。

日々の食事メニューやヨーグルト、ヤクルトを毎日摂取することと比較してもコスパ、効果は乳酸菌サプリが圧倒。手軽で毎日続けやすいのもメリットの1つ。

>>オススメの乳酸菌サプリはこちら

 

関連ページ

しょっちゅう便秘になる人は腸内が汚い
便秘になりやすい方は腸内が荒れやすい傾向にあります。日常的に腸内をキレイにするような習慣をとりましょう!その方法を詳しく解説しています。
善玉菌を増やせ!便秘にはこれが一番
便秘の解消、予防方法として腸内の善玉菌を増やすことが効果的です。その善玉菌の増やし方を詳しく解説しています。
乳酸菌で腸内掃除 便秘の人がしておきたいこと
便秘がちの方が日常的にしておきたいこととして、乳酸菌で腸内環境を整える方法を詳しく解説しています。
便秘を改善する腸内リセット法
便秘解消、予防に腸内リセット法を紹介しています。便秘に悩みがちな方は是非試してみましょう!
悪玉菌を減らして便秘対策。便秘がストレスになる前に
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。
便秘が与えるカラダへの影響。単にストレスになるだけではなかった
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。
便秘によく効く食べ物とレシピ。そしてその理由も
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。
お通じ対策に手っ取り早いのが乳酸菌
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。
あなたの腸内フローラは良いもの?便秘になりがちな方はしっかり見直そう
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。