あなたの腸内フローラは良いもの?便秘になりがちな方はしっかり見直そう

MENU

あなたの腸内フローラは良いもの?便秘になりがちな方はしっかり見直そう

運動会で二人三脚をした事はありますか?
最初のうちはなかなか思うように走れません。ですが、二人で「ああじゃない、こうじゃない」と力を合わせコツを探して頑張ると、びっくりするほどスイスイ走れるようになります。

 

あなたと、あなたのおなかの調子も二人三脚

 

おなかの調子、そして健康の要になる腸内環境を良くするには、「腸内フローラ」の状態にかかっています。そして、この「腸内フローラ」は、あなただけが頼りです。あなたのお腹だから、という理由だけではありません、あなたが握る「腸内フローラ」のバランスを保つ鍵についてお話します。

 

 

腸内フローラというのは何?

 

この世の中に、似ている人はいても同じ人はいません。同じように各人が持っている腸内フローラはその人固有のものなのです。

 

腸内フローラ

 

私たちの腸の中には100種類以上もの「腸内菌」と呼ばれる細菌がすんでいます。数にすると100兆個以上です。小腸の終わりから大腸にかけては、これらのいろいろな種類の腸内菌が仲間ごとにまとまって、腸内に壁を作るように隙間なくびっしりすんでいます。これがあたかもお花畑のように見えるので、腸内のフローラ(お花)が腸内フローラと呼ばれるのです。

 

腸内フローラは腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)の名でも呼ばれています。

 

 

どの人の腸内フローラの状態は全く同じ?

 

人がそれぞれに違うように、各人のお腹の中の「腸内フローラ」の状態も違います。良い腸内環境か悪い腸内環境か、というのではなくて、AさんとBさんの外見や個性が違うのと同じように、腸内にすんでいる細菌の種類もAさんとBさんでは全く違います。

 

それぞれの人の、年齢や、どんな生活習慣を持っているか、またストレスなどによっても、「腸内フローラ」の状態は変化します。

 

 

「腸内フローラ」と善玉菌・悪玉菌は別物?

 

腸中には100種類以上もの「腸内菌」から出来ている「腸内フローラ」ですが、役割から大きく3つに分けることができます。善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌など)と悪玉菌(ウェルシュ菌やブドウ球菌など)そして日和見菌(大腸菌など)です。

 

健康であれば、「腸内フローラ」は良いバランスを保っています。善玉菌が優勢で悪玉菌を抑えていて、日和見菌は特に何もしません。ところが、食生活の乱れやストレスなどで腸内環境が悪玉菌に嬉しい状態になると、腸内の腐敗が進んでしまいます。

 

厄介なことに、この時、日和見菌は悪玉菌に加勢するように働きます。つまり、3種類の役割で分けられているけれど、実際には悪玉菌には腸内環境を悪くする為の子分がいると言うことですね。

 

 

腸内フローラ、どうして人それぞれで違うのか

 

腸内フローラは人それぞれに違う様相をしているとお話しました。
どうしてこういう状態が起きるのでしょう。

 

人の腸内フローラが出来上がるのはいつ?

 

お母さんのお腹にいる時、赤ちゃんは無菌状態です。産まれると同時に、大腸菌などが入り込みます。母乳や調整ミルクで、善玉菌のうちのビフィズス菌が腸内をカバーします。離乳食が始まると、色々な食物を食べるので、色々な菌も入り込みます。この時期に、この人の独自の腸内フローラが出来上がるわけです。

 

 

腸内フローラは変化し続ける

 

離乳食、幼児期の食事はお母さんが最善の注意を払っています。でも年齢を重ねるにつれて、人のお腹は悪玉菌と仲良しになり易くなります。そして、老年になるころにはビフィズス菌は減少してしまいます。

 

年齢とともに腸内フローラはバランスが崩れてゆくわけですが、たとえ若くても偏食や不規則な生活をしていると、腸内フローラのバランスを悪くして、健康を害することになります。何歳だから、よい腸内フローラと考えるよりも、何歳であっても腸内フローラを善玉菌優勢にしておく必要があるのですね。今便秘の方、便秘がちの方は、今から腸内フローラを良い状態に整えましょう。

 

 

善玉菌優勢→良い腸内環境→健康

 

腸内フローラは100種類以上もの細菌が一緒に腸内に棲んでいる状態です。腸内ですから、腸壁にも密着しているので腸壁とも親密な関係を保っています。そして、「腸内フローラ」は常に善玉菌優勢であると、人は健康を維持できるわけです。

 

 

良い腸内環境の為に善玉菌を増やすには?

 

赤ちゃんの時に確定した腸内フローラですが、数種類の善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌など)は人が死ぬまで一緒に棲み定住します。一度この状態が出来上がってしまうと、この腸内フローラにいる菌種と違うものは仲間に入れてもらえません。

 

ところが、定住グループの善玉菌が受け入れてくれる物があります。体の外で作られた、でも腸内に近い環境で作り上げられた、乳酸菌を含む食品です。

 

 

腸内フローラが受け入れてくれる乳酸菌

 

乳酸菌を含む食品は、動物性乳酸菌ならヨーグルト、加工されていないナチュラルチーズなどです。植物性乳酸菌なら、味噌、漬けもの、などの発酵食品です。

 

これらの乳酸菌は、体の外で作られたものの、各人の腸内フローラが受け入れてくれる物質です。乳酸菌を取り入れることで、腸内フローラを常に正常な状態に保ち、また、病気などで傷んだ腸内フローラの修復の手伝いをしてあげることができるのです。

 

 

人が、腸内環境に気をつけて、生活習慣や食事に注意し、乳酸菌を補充してあげると、善玉菌優勢の腸内フローラが保たれます。善玉菌が優勢であれば、悪玉菌が増えるのを抑えます。つまり、悪玉菌が作る腐敗物質を分解でき、腸の免疫力も高くなり、悪い菌の侵入も抑えられます。便秘も解消するどころか元気を手に入れられるのですね。

 

人と腸はウィンウィンの関係(双方がうまくいっている事)でいられます。人と腸内フローラは持ちつ持たれつ、長く良い関係を保ってゆきましょう。

 

 

便通のもっとも効率的な改善方法


結局は乳酸菌サプリが効率も良くコスパ抜群です。

日々の食事メニューやヨーグルト、ヤクルトを毎日摂取することと比較してもコスパ、効果は乳酸菌サプリが圧倒。手軽で毎日続けやすいのもメリットの1つ。

>>オススメの乳酸菌サプリはこちら

 

関連ページ

しょっちゅう便秘になる人は腸内が汚い
便秘になりやすい方は腸内が荒れやすい傾向にあります。日常的に腸内をキレイにするような習慣をとりましょう!その方法を詳しく解説しています。
善玉菌を増やせ!便秘にはこれが一番
便秘の解消、予防方法として腸内の善玉菌を増やすことが効果的です。その善玉菌の増やし方を詳しく解説しています。
乳酸菌で腸内掃除 便秘の人がしておきたいこと
便秘がちの方が日常的にしておきたいこととして、乳酸菌で腸内環境を整える方法を詳しく解説しています。
便秘の原因は腸内細菌の割合にあった
便秘の原因とも言われる腸内環境。腸内には無数の菌が存在し、その割合がお通じ具合を左右することはご存知でしたか?腸内細菌と便秘解消、予防方法について詳しく解説していきます。
便秘を改善する腸内リセット法
便秘解消、予防に腸内リセット法を紹介しています。便秘に悩みがちな方は是非試してみましょう!
悪玉菌を減らして便秘対策。便秘がストレスになる前に
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。
便秘が与えるカラダへの影響。単にストレスになるだけではなかった
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。
便秘によく効く食べ物とレシピ。そしてその理由も
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。
お通じ対策に手っ取り早いのが乳酸菌
便秘に悩む方のための改善・予防サイト。現在便秘の方もよく便秘になるかたも是非ご覧下さい。